終着駅

ある「別れ」を経験し、過ぎていく時間に何もできない、心情を表現した曲。


窓に映る朝焼け
人の影が霞んで見える
変わって行く街並みを
ただ眺めて通り過ぎるよ

僕らは深く考えることをせず
心をどこかに置いて来たみたい

さよならの合図は今
あなたの瞳が寂しさを告げる
僕ら夢を求め歩く
いつかまた合う日まで
いつかまた合う日まで


この列車は僕ら乗せて
遥か雲の向こうへ届け
うつっていく気持ちを
押し殺してまた繰り返す

僕らは深く考えることをせず
積み重ねた過去を振り返るだけで

さよならの意味が今
ようやく僕にも分かった気がする
君は理想求め続け
いつもの口調でわらう
いつもの口調でわらう

さよならの合図は今
あなたの瞳が寂しさを告げる
僕ら夢を求め歩く
いつかまた合う日まで
いつかまた合う日まで