閼伽の水

この曲では《感情=水》として表現。突然心の中に表れる幼い日の思い出。忙しさの日々にごまかしながら今を生きていたが、ずっと心の中に引っかかっていた感情。最初のピアノの和音は、最初に心に現れた記憶の印象、断片が《一滴の水》として表れる。そこから少しずつ蘇っていく思い出が《感情の揺れ動き=水の流れ(メインテーマ)》として描かれ、最後は抑えていた《感情=水》が溢れ出てくる。作曲者の映画「閼伽の水」の解釈でもある。映画「閼伽の水」のために制作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です