[English]

広島で活動中の音楽プロジェクト「プレパラート(praparat.)」公式サイト。プロフィール、アルバムリリース、コンサート情報など。

プレパラート(praparat.)|ブログ「一音成仏~ブロリの部屋~」

ブログ「一音成仏~ブロリの部屋~」


[Essence] 作曲の方法

修士論文の作成に向けて開発を進めている作曲支援システム"Essence"。一通り予定していた機能は実装できたので、ここで作曲未経験者向けに簡単な使い方を説明します!

Essenceのダウンロードとインストール方法はこちら↓
http://praparat.net/brogcontents/blog/2009/11/essence-45a3.html

●和音(ハーモニー)を作る●

01
①曲のはじめは「Ⅰの和音」から始まることが多いです。和音とはハーモニーのことと思ってもらってば良いです。まずは「ツールウィンドウ」の「和音の選択」タブ内にある「Ⅰ」ボタンをクリックしてみましょう。

02
②「Ⅰの和音」を作るには、緑の丸のとおりに音を置きます。

03
→4つ音を重ねます。ソプラノ(赤)、アルト(橙)、テノール(緑)、バス(青)

04
→バス(一番低い音)は「黄色の丸」に置くことをお勧めします。

05
→バス以外の音は緑の丸のうち"隣り合った音を選ぶと「密集」"、"一つ飛ばしで音を選ぶと「開離」"と呼びます。このどちらかを作ります。

③和音は一つだけではただの"響き"です。和音をつなげていくことで"流れ"が生まれ、メロディを作るための土台になります。続きの和音を作りたい場所で右クリックします。

06
→「Ⅰの和音」から繋がりやすい和音を「ツールウィンドウ」→「和音の選択」画面に示します。この中から和音を選んでクリックします。

07
→②と同じようにして「密集」または「開離」の和音を作ります。

08
→なるべく「密集」なら「密集」、「開離」なら「開離」が続くようにします。

09
④③の繰り返しで2小節の和音を作ります。完成したら再生ボタン(ヘッドフォンのマーク)で音を聞いてみましょう。

●旋律(メロディ)を作る●

10
⑤メロディはソプラノ(最も高い音)が担当し、和音よりも短い音符で動きます。「ツールウィンドウ」の右側で、「ソプラノ」「8分音符」を選びましょう。

11
⑥メロディを作るには、茶色の丸のとおりに音を置きます。
→音は重ねません。

12
→あまり音が飛ばないようにします。
→最後は音符の数を少な目にして締めくくります。
→確認したら音を聞いてみましょう。

●曲を展開する●

13
⑦さらに曲を展開させるには「楽式」を使います。「楽式」とは、ある短いテーマを「反復」もしくは「対照」させることによって、曲を展開させる技法です。「ツールウィンドウ」→「楽式タブ」→「楽式補助機能を使う」にチェックを入れます。

14
→2小節の小さなテーマを「動機」と呼びます。
→「動機」は「対照」と「反復」ができます。
→「対照」を選んで五線を右クリックすると、新しい動機ができます。

15_3 
→「反復」を選んで五線を右クリックすると、動機がコピーされます。
→曲作りは、この「対照」と「反復」をうまく使いこなして進めます。

以上、簡単な説明です。これを参考にして、ぜひ曲作りにチャレンジしてみてください★



投稿日時:2010.12.11

プレパラート(praparat.)|